ホーム > 回路シミュレータ > モジュール別機能 > Digital Control Module

PSIM オプションモジュール(連成)

SimCoupler Module

MATLAB/Simulink
2種のシミュレーション、制御系とパワー回路の連成。


MATLAB/Simulinkとの連成用モジュールです。このオプションモジュールの追加でMATLAB/Simulinkで制御系のモデルを、PSIMでパワー回路のモデルを記述し連成することが可能になります。

*本製品の使用には、MathWorks社製 MATLAB/Simulink の購入が必要です。
対応しているバージョンなど、動作環境はこちらからご確認ください。

特長

2つのシミュレーションの合わせ技。

MATLAB/SimulinkからPSIMを呼び出してシミュレーションを行ないます

SimCoupler ModuleではPSIMでパワー回路を作成し、MATLAB/Simulinkで制御部を作成して同時にシミュレーションを実施することができます。すなわち、パワー回路と制御回路を別々に設計し、合せてシミュレーションを行うことができるのです。

連成する、その信号の流れ。

ほとんど変わらないシミュレーション時間。

この回路を用いてPSIMのみのシミュレーションの場合と、PSIMとMATLAB/Simulinkを連成する場合のシミュレーション結果とシミュレーション時間を比較します。

シミュレーション時間

2つのシミュレーションソフトを連成させても同じ結果を得ることができ、シミュレーション時間にほとんど差はありません。

関連資料

無料版を試す

フリーダウンロード お見積もり サポート専用ログイン

PSIM本体


オプションモジュール

シミュレーションモデルの追加

他シミュレータとの連成

設計時のサポート

ハードウェア実装

このページの先頭へ