沿革

Myway HISTORY

1993年〜

▲DSP開発システム 試作機のデバッグを行う社長の楊

1993年
マイウェイ技研という社名で設立。
1994年
初の自社開発製品-「DSP開発システム」を発売
1996年
業務拡大のため、新横浜へ移転
1998年
「双方向電子負荷装置」を発売

1999年〜

1999年
「電源・負荷兼用双方向電源」が神奈川県工業技術大賞奨励賞を受賞。
2001年
「小規模分散電源システムの系統連系運転と自律分散電源に関する研究開発」(NEDO)に採択
2001年
「太陽電池・燃料電池模擬電源装置の開発」(新技術開発財団)に採択
2001年
「バッテリ充放電装置の開発」(横浜市)に採択

2002年〜

2002年
さらなる業務拡張のために本社移転
2002年
「小規模分散電源システムの実用化開発」 経済産業省に採択
2004年
邁為電子技術(上海)有限公司を設立
2005年
「シルクロードEVチャレンジ」に参加
2006年
「フライホイルによる無停電電源装置製品化開発」
中小企業基盤整備機構に採択
2008年
「電動運搬車両用インホイールモータ・コントローラ開発」経済産業省に採択

2009年〜

2009年
Mywayプラス株式会社に社名変更
2010年
再度本社移転、現在の本社住所に移転する
2012年
「太陽電池模擬・リチウムイオンバッテリ充放電試験用
回生双方向電源の開発」(横浜市)に採択
2012年
「パワエレ用デジタル制御システムの開発」(横浜市)に採択

2013年〜

2013年
横浜知財みらい企業に認定
2013年
世界初SiCパワーモジュールを搭載した実験用インバータを開発
2013年
世界初防水防塵対応コンパクト蓄電システムを開発
2013年
名古屋地区に拠点開設
2013年
業界初組込み用電力変換モジュール
(非絶縁型双方向DC-DCコンバータ)を開発
2013年
非絶縁型双方向DC-DCコンバータが「CEATEC AWARD コアテクノロジー部門 準グランプリ」を受賞
2013年
「パワエレ用次世代開発システムの開発」(横浜市)に採択
2014年
「ファンレス方式による完全防水・安全堅牢なポータブル蓄電池システムの技術開発」(NEDO)に採択

2015年〜

2015年
※NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)に、pCUBE製品を納入
2015年
「IT技術を用いた研究開発用パワーメータの開発」(横浜市)に採択
2015年
「充放電試験に適するパワー回路技術を用いた小型・回生型直流電源システムの試作開発」(中小企業庁)に採択

2016年〜

2016年
APEC中小企業イノベーションアワードを受賞
2016年
一般社団法人日本パワーエレクトロニクス協会を設立
2017年
大阪地区に拠点開設
2017年
当社技術顧問の赤木泰文先生がIEEEメダルを受賞
2019年
新横浜オフィスを開設

その他の詳細な沿革

各年代をクリックすると詳細が表示されます。

創業 – 1999年
1993年 7月 資本金1,310万円にて設立 (神奈川県横浜市神奈川区浦島町363−1)
1994年 7月 初の自社開発製品-「DSP開発システム」を発売
1996年 2月 資本金を1,310万円から1,510万円に増資
8月 業務拡張のため、新横浜へ移転 (神奈川県横浜市港北区新横浜3-22-4)
1997年 9月 資本金を1,510万円から3,500万円に増資
1998年 8月 業務拡張のため社屋借り増し
12月 電源電子負荷装置双方向電源電子負荷装置の開発」 発売
1999年 6月 業務拡張のため本社移転 (神奈川県横浜市港北区新横浜 1-19-3)
10月 「電源・負荷兼用双方向電源」が、神奈川県工業技術大賞奨励賞を受賞
2000年 – 2009年
2001年 6月 「小規模分散電源システムの系統連系運転と自律分散電源に関する研究開発」がNEDOの補助事業に採択
8月 「太陽電池・燃料電池模擬電源装置の開発」が、新技術開発財団の補助に採択
9月 「バッテリ充放電装置の開発」が、横浜市の補助事業に採択
2002年 3月 「小規模分散電源システムの実用化開発」が、経済産業省の補助事業に採択
10月 業務拡張のため本社移転 (神奈川県横浜市港北区新横浜 1-14-15)
2004年 3月 「フライホイール式無停電電源装置の開発」が、経済産業省の補助事業に採択
7月 中国・上海に、邁為電子技術(上海)有限公司を設立
2005年 3月 「マイクロ電気自動車用モータコントローラの開発」が、神奈川県の補助事業に採択
8月 シルクロードEVチャレンジ
2006年 9月 「フライホールによる無停電電源装置の製品化」が、中小企業基盤整備機構の補助事業に採択
2007年 9月 資本金を3,500万円から4,800万円に増資
2008年 2月 横浜価値組企業に認定
8月 「電動運搬車両用インホイールモータ・コントローラの開発」が、経済産業省の補助事業に採択
2009年 2月 「横浜価値組企業」認定
6月 マイウェイ技研株式会社をMywayプラス株式会社に社名変更
2010年 – 現在
2010年 12月 業務拡張のため本社移転 (神奈川県横浜市西区花咲町 6-145 横浜花咲ビル)
2011年 11月 「横浜価値組企業」認定
2012年 2月 「太陽電池模擬・リチウムイオンバッテリ充放電試験用回生双方向電源の開発」が、横浜市の補助事業に採択
8月 「パワエレ用デジタル制御システムの開発」が、横浜市の補助事業に採択
11月 横浜知財みらい企業に認定
2013年 4月 世界初SiCパワーモジュールを搭載した実験用インバータを開発
7月 世界初防水防塵対応コンパクト蓄電システムを開発
8月 安城に「中京オフィス」拠点を開設
10月 業界初組込み用電力変換モジュール(非絶縁型双方向DC-DCコンバータ)を開発
非絶縁型双方向DC-DCコンバータが「CEATEC AWARDコアテクノロジー部門準グランプリ」を受賞
「パワエレ用次世代開発システムの開発」が、横浜市の補助事業に採択
11月 横浜知財みらい企業に認定
2014年 10月 「ファンレス方式による完全防水・安全堅牢なポータブル蓄電池システムの技術開発」が、NEDOの補助事業に採択
11月 横浜知財みらい企業に認定
2015年 1月 資本金を4,800万円から7,050万円に増資
2月 弊社製品「pCUBE」が、NITE(※)蓄電池評価センターの標準計測器に採択
※NITE=独立行政法人製品評価技術基盤機構、世界最大規模の蓄電池試験評価施設
10月 「IT技術を用いた研究開発用パワーメータの開発」が、横浜市の補助事業に採択
11月 「充放電試験に適するパワー回路技術を用いた小型・回生型直流電源システムの試作開発」が、中小企業庁の補助事業に採択
12月 横浜知財みらい企業に認定
2016年 7月 APEC中小企業イノベーションアワードを受賞
一般社団法人 日本パワーエレクトロニクス協会を設立
12月 横浜知財みらい企業に認定
2017年 7月 大阪地区に拠点開設
12月 横浜知財みらい企業に認定
当社技術顧問の赤木泰文先生がIEEEメダルを受賞
2018年 7月 創立25周年 Family感謝DAYを開催
2019年 7月 新横浜オフィスを開設

良き企業市民として 〜CSR活動〜

興味を持った方は、
ご相談を!
  • お見積もり依頼
    各製品のお見積もり依頼は
    こちらです。
  • 資料ダウンロード
    各製品のカタログはこちらです

  • アフターサポート
    各製品のアフターサポート
    についてはこちらです。
  • お問い合わせ
    24時間365日受付
    約2営業日以内に返信します。
お電話でのお問い合わせはこちら 045-548-8836 営業時間/9:00~18:00(平日)