ホーム > 回路シミュレータ > モジュール別機能 > SimCoder Module

PSIM オプションモジュール(連成)

SimCoder Module

C言語の自動生成。


PSIMで作成した制御ブロックからC言語のプログラムを自動で生成することができます。

また、特定のハードウェア(PE-Expert4など)に対応したC言語のソースコードも出力できます。これにより実機検証への移行を効率よく行うことができます。

特長

効率的に。容易に。

このモジュールでは制御部のC言語のソースコードの自動生成が可能になるため、実機検証への移行が効率的になります。また、コードを分かり易いPSIM回路で管理することができるため、変更や履歴管理が容易になります。

"Generate Code"を選択するだけで、Cコードが自動生成されます。

制御回路に組み込むだけ

PSIMの制御回路に専用ハードウェアブロックを組み込むだけで簡単に特定ハードウェア対応のC言語のソースコードが生成できます。

対象のハードウェア

Mywayプラス製
デジタル制御システム PE-Expert4

機能

SimCoder Moduleでの簡単な操作

ここでは例として、対象ハードウェアがPE-Expert4の時の使い方の流れを紹介します。

通常のシミュレーションにて動作の確認を行った後、Cプログラム生成用のブロックを追加してコード生成します。ハードウェアが用意されているなら、すぐに実機での動作の確認が出来ます。

C言語のソースコード生成のための回路の変更点

  • 連続領域(s領域)を離散領域(z領域)に変更
  • センサ入力部にA/D変換器を追加
  • ゲート出力部のPWM生成器をハードウェア素子に変更

その他の機能・関数化

サブ回路に制御部をまとめることで、その部分を関数としてコードに出力することができます。

サブ回路の組み合わせにより、状態遷移を示すプログラムのコード生成もできます。

本モジュールの動作に必要な構成
  • PSIM Professional
  • Digital Control Module
  • SimCoder
  • 各種ハードウェアターゲット(推奨)

無料版を試す

フリーダウンロード お見積もり サポート専用ログイン

PSIM本体


オプションモジュール

シミュレーションモデルの追加

他シミュレータとの連成

設計時のサポート

ハードウェア実装

このページの先頭へ