ホーム > 回路シミュレータ > モジュール別機能 > Digital Control Module

PSIM オプションモジュール(連成)

MagCoupler-RT Module

JMAG-RTとのテーブル連成。


MagCoupler-RT Moduleでは、JMAGの機能群にあるJMAG-RTのデータファイルとリンクすることができます。これによりJMAG-RTを利用し、PSIMと電磁界解析ソフトウェアJMAGとの連成シミュレーションを行なうことができます。MagCoupler Module を使用したJMAGとの直接連成解析と比較して、短い時間でほぼ同レベルの結果を算出することができます。

*本製品の使用には、JSOL社製 JMAG(JMAG-RT) の購入が必要です。
対応しているバージョンなど、動作環境はこちらからご確認ください。

特長

JMAG-RTデータとのリンク

JMAGの機能群にあるJMAG-RTで一度モデルデータを作成すれば、簡単にモータの特性を考慮した詳細なシミュレーションを行なうことができます。

JMAG-RTとの連成、そのメリット

JMAG-RTで生成したモデルデータを用いることで、モータの特性を考慮した詳細なシミュレーションができます。JMAGで設計したモデルを解析し、PSIMのシミュレーションに必要なパラメータを抽出、出力するので1つの回路素子として扱うことができ、直接JMAGで解析を行わずに、サンプリングタイムごとにモータの特性を考慮した高速なシミュレーションが可能となるモジュールです。

MagCoupler Moduleと
MagCoupler-RT Moduleの違い

MagCoupler Moduleでは、JMAGと直接連成を行い、また回路シミュレータと電磁界解析が同時に行えます。MagCoupler-RT ModuleではJMAGの機能群にあるJMAG-RTのデータファイルとリンクすることができ、JMAGがインストールされていないPCでもデータファイルのみでシミュレーションが行えます。

MagCoupler Moduleと
MagCoupler-RT Moduleとの比較
方式 シミュレーション可能なモデル PSIM JMAGシミュレーション結果の出力
解析時間 モデル特性の再現
JMAG-RT 三相永久磁石同期モータ
リニア同期モータ
二相ステッピングモータ
リニアソレノイド

(3[min])
×
JMAGとの連成
(MagCoupler-DLブロック)
PMSMのみ
PSIMの理想モデル
(Motor Drive Module)
PSIMで提供されている全てのモータ
(2[sec])
× ×

※上記と別にJMAG-RTモデルデータの作成のための時間がかかります。

連成シミュレーション

流れ
JMAG Studio / JMAG Designer

モデルの作成
はじめに、形状・材料・要素・条件などの設定をJMAG StudioまたはJMAG Designerにて行います。


JMAG-RT

RTモデルデータの生成
次に、RTモデルデータの生成を行います。


PSIM

ブロックの配置
PSIM上でMagCoupler-RTを配置。


PSIM

読込ファイルの設定
JMAG-RTのデータファイルを読み込む設定を行います。


連成シミュレーションの比較
連成シミュレーション結果

※上記と別にJMAG-RTモデルデータの作成のための時間がかかります。

素子

このモジュールで使用できる素子

三相永久磁石型同期モータ
一般負荷
機械系-電気系インターフェース・ブロック
アブソリュートエンコーダ
リニア同期モータ
外部コントロール負荷
メカニカル・カップリング・ブロック
インクリメンタルエンコーダ
二相ステッピングモータ
定電力負荷
ギアボックス
レゾルバ
リニアソレノイド
定トルク負荷
  ホールセンサ
  定速度負荷
  速度センサ
      トルクセンサ
*本製品の使用には、JSOL社製 JMAG(JMAG-RT) の購入が必要です。

無料版を試す

フリーダウンロード お見積もり サポート専用ログイン

PSIM本体


オプションモジュール

シミュレーションモデルの追加

他シミュレータとの連成

設計時のサポート

ハードウェア実装

このページの先頭へ