ホーム > 電源/充放電装置 > pCUBE オプションソフトウェア PV模擬ソフトウェア

回生型直流電源pCUBE オプションソフトウェア

PV模擬ソフトウェア

MWBFP3-PVS

ソフトウェア使用例

スマートグリッドやパワーコンディショナ回路の動作検証や問題解析に最適。

回生型直流電源pCUBEとPV(太陽電池)模擬ソフトウェアをインストールしたお持ちのPCをLAN接続することで、pCUBEを太陽電池パネルとして動作させることができます。実際のIV特性を模擬するだけでなく、リアルタイムに現状のIV特性、動作点、日射強度や温度をモニタするので、スマートグリッドやパワーコンディショナの回路評価、問題分析に活用できます。pCUBEの特長である直並列接続にも対応しているので、パネルの直並列等にも適しています。

4種類の特性入力だけで、全範囲のPV模擬を実現

PV模擬を行うために必要なIV特性は、日射強度と温度によって変化します。模擬をする温度の最小値と最大値、日射強度の最小値と最大値の4種類のIV特性を設定すれば、ソフトウェアが補間して模擬します。

ソフトウェア使用例

複雑なIV特性、温度と日射強度の入力は、CSVファイルを有効活用

エディタでのIV特性の入力をもっと手軽に行うために、CSVファイルの読み込みを可能にしました。時間ごとの日射強度、温度の関係もCSVで簡単に読み込むことができるので、模擬するPVのCSVデータがあればすぐにPV模擬を始められます。

ソフトウェア使用例

運転状態が一目瞭然なPC上のリアルタイムモニタ

PCを接続して運転を行うと、特性モニタで模擬状態をリアルタイムに表示できます。電流、電圧、電力はもちろん、IV特性グラフやPV特性グラフ上で現在出力している状況を表示します。

ソフトウェア使用例

IV特性を一度ダウンロードすれば、pCUBE単独での運転可能

PCが必要なのはIV特性をpCUBEへダウンロードするところまでです。ダウンロード後は、pCUBEだけで運転することができます。IV特性はpCUBEの電源を切っても消えません。

ソフトウェア使用例

推奨動作環境

項目 仕様
OS Microsoft Windows 7(32bit)
CPU Intel Core2 Duo 2GHz以上
メモリ 2GB以上
HDD 40GB以上
解像度 1024×768ドット以上
インターフェース LANポート 1ch
USBポート 1ch

製品別お問い合わせ
お見積りフォームへ



このページの先頭へ