製品から探す

  • pMOTION ®

    モータ評価システム
    インバータエミュレータ

    当社のモータ評価システムは、様々なモータを実環境に近い状態で駆動し、
    各種計測を自動で行います。

特徴

このような事でお困りではないでしょうか?

 

新しくモータを試作したが…

「駆動用のインバータがない」 

「社内に性能評価のノウハウがない」

当社のモータ性能評価システムは、誰でも簡単に、様々なモータを駆動することができます。

 モータパラメータ自動測定

基本情報(※1)を設定するだけで、モータパラメータ(※2)を自動測定します。

また、モータ効率を確認しながら、Id/Iqを最適に設定し、トルクマップを作成します。

試作段階で必要な設計妥当性の見極めに絶大な効果を発揮します。

 

※1 極数や最大電流・電圧

※2 抵抗値や誘起電圧値、インダクタンス値の電流特性(Id/Iq)(Ld/Lq)

 簡単操作で準備の手間を大幅削減

一般的にモータ駆動時にはマップファイルを使用しますが、その作成にはモータパラメータの測定後に

モータの温度を監視しながら、回転数・電流・位相角などを変えて測定を行う必要があります。

これを手動で行うには大変な時間を要します。

pMOTIONでは、測定の自動化によりモータ駆動までの準備時間を大幅に削減できます。

 スイープ運転による取得データを用途に合わせてグラフ表示可能

スイープ運転(※1.)により一度データを取得してしまえば、そのデータの範囲内で用途に合わせて

自由にグラフ表示することが可能です。

縦軸、横軸も簡単に設定出来ます。例えば縦軸に効率や損失を、横軸に電流や位相角・キャリア周波数を

設定することでモータの特性や傾向をビジュアルで確認することができます。

 

※1.供試モータ駆動時に回転数や電流、位相角などを変化させながら行う測定

 測定した損失を 鉄損・銅損・機械損 に分離可能

pMOTION-Completeでは、測定した損失を鉄損、銅損、機械損に分けて表示することができます。

一連の測定過程で損失を分離するために必要なデータを取り、スイープ運転で測定後に

回転数や電流値ごとに損失を表示します。

この製品の最新情報はこちら
新着情報

この製品に関する情報は準備中です。

役立つ知識や情報を更新中
パワエレコラム

この製品に関する情報は準備中です。

この製品に関する
ご質問

  • モータのトルクマップを作りたい。

  • モータ評価装置 pMOTION-Completeは、指定した回転数、電流、位相角の範囲でトルクマップの取得や、機械損の測定などを自動で測定することが可能です。これは人為的ミスの削減にもつながります。

  • 様々な種類のモータを1台のインバータで動かしたい。

  • モータ評価装置 pMOTIONはPMやIMを含め、様々なモータを制御することが可能です。

興味を持った方は、
ご相談を!
  • お見積もり依頼
    各製品のお見積もり依頼は
    こちらです。
  • 資料ダウンロード
    各製品のカタログはこちらです

  • アフターサポート
    各製品のアフターサポート
    についてはこちらです。
  • お問い合わせ
    24時間365日受付
    約2営業日以内に返信します。
お電話でのお問い合わせはこちら 045-548-8836 営業時間/9:00~18:00(平日)