ホーム > 回路シミュレータ > モジュール別機能 > Digital Control Module

PSIM オプションモジュール(連成)

MagCoupler Module

JMAGと直接連成。


このオプションモジュールでは、PSIMと電磁界解析ソフトウェアJMAGとの直接連成シミュレーションを行なうことができます。JMAGで設計したモデルをPSIM回路内で利用することができ、より詳細なシミュレーションを行なうことができるとともに、同時に電磁界解析をも行なうことができるようになります。

*本製品の使用には、JSOL社製 JMAG の購入が必要です。
対応しているバージョンなど、動作環境はこちらからご確認ください。

特長

それぞれの利点を1つに。

モータの設計段階で、実際に回路に組み込んだ際の特性の確認や、モータの電磁界解析ができます。

連成、そのメリット

JMAGで設計したモデルをPSIMの回路内で利用した場合の回路シミュレーションを行なうことができます。また、新しい原理のモデル(ex.多相モータ)や、非線形な特性のモデル(ex.コギングトルクの大きなモータ)など、モータの複雑な現象の解析ができるようになります。さらに、MagCoupler-DLブロックを利用することで、高速に解析を行うことが期待できます。
このモジュールを追加したPSIMでシミュレーションを実行すると、JMAGと同時にシミュレーションを行ない、回路シミュレーション結果だけでなく、電磁界解析の結果も取得可能となります。

MagCoupler Moduleと
MagCoupler-RT Moduleの違い

MagCoupler Moduleでは、JMAGと直接連成を行い、回路シミュレーションと電磁界解析が同時に行えます。MagCoupler-RT ModuleではJMAGの機能群にあるJMAG-RTのデータファイルとリンクすることができます。

連成シミュレーション

連成シミュレーションブロックの種類

電気回路のPSIMとモータなどのJMAGで求められるサンプリング周期の違いによってブロックを使い分けることができます。

使用するブロックによる違い
方式 シミュレーション可能なモデル PSIM JMAGシミュレーション結果の出力
解析時間 モデル特性の再現
JMAGとの連成
(MagCouplerブロック)
全てのモータ ×
(76[min])
JMAGとの連成
(MagCoupler-DLブロック)
全てのモータ
(6[min])
PSIMの理想モデル
(Motor Drive Module)
全てのモータ
(モデルが提供されているものに限る)

(2[sec])
× ×
操作の流れ
JMAG Studio / JMAG Designer

モデルの作成
はじめに、形状・材料・要素・条件などの設定をJMAG StudioまたはJMAG Designerにて行います。


JMAG Studio / JMAG Designer

ファイルの生成
次に、JMAG StudioまたはJMAG Designer内にてXMLファイル、JCFファイルの生成を行います。


PSIM

ブロックの配置
PSIM上でMagCoupler、もしくはMagCoupler-DLブロックを用途により配置。


PSIM

読込ファイルの設定
JMAG StudioまたはJMAG Designer内にて生成したファイルを読み込む設定を行います。


連成シミュレーション結果の比較

この回路を用いてMagCoupler-DLとPSIMの理想モデルのシミュレーション結果を比較します。

連成シミュレーション結果

素子

このモジュールで使用できる素子

MagCoulerブロック
一般負荷
機械系-電気系インターフェース・ブロック
アブソリュートエンコーダ
MagCouler-DLブロック
外部コントロール負荷
メカニカル・カップリング・ブロック
インクリメンタルエンコーダ
  定電力負荷
ギアボックス
レゾルバ
  定トルク負荷
  ホールセンサ
  定速度負荷
  速度センサ
      トルクセンサ
*本製品の使用には、JSOL社製 JMAG の購入が必要です。
 

関連資料

チュートリアル(動画)

無料版を試す

フリーダウンロード お見積もり サポート専用ログイン

PSIM本体


オプションモジュール

シミュレーションモデルの追加

他シミュレータとの連成

設計時のサポート

ハードウェア実装

このページの先頭へ