製品から探す

  • Saber

    モデルベース開発統合環境

    設計⇔製造⇔試験の後戻りをなくし、開発期間を90%削減します!

    パワエレシステム、制御、回路の
    品質向上による納期短縮、コスト削減を実現するシミュレータです。
    ・システムから詳細部品モデルまでを再現し、解析します。
    ・故障モードの注入と安全機能を含めた故障解析を実現します。
    ・部品のばらつきなどを考慮したロバスト設計を実現します。

    セミナー随時開催中!

特徴

【紹介動画公開中!】

①モデルベース開発統合環境 Saberとは

②パワーデバイスの電気特性/システム検証を簡単に机上検証する方法

 

 

 

 

Saberは、パワエレ回路から物理モデルまで。マルチドメインシステムのモデリングが可能なシミュレーターです。
25年以上、自動車、航空宇宙、産業用システムのエレクトロニクス化の現場で活用されています。
専用モデルやキャラクタライズによるパラメータの再現、SPICEモデルの取り込みにより、理想素子から詳細モデルまで、様々な抽象度のモデルを構築可能です。
ロバスト設計機能もあり、パラメータを振っての安定性の解析や故障モードの設定などシステムの性能や信頼性の評価が可能です。
ミニモデルや試作機の製作回数やデバッグ工数を大幅に削減します。

→ロバスト設計とは?(パワエレコラム)

 

 

特長①:マルチドメインシステム

 

Saberは詳細な部品モデルと、制御やモータといったパワエレに必要な要素、CANやCAN-FDなどの通信(IVN)またギアなどの周辺要素を含め

マルチドメインシステムとしてシミュレーションを実行する事が出来ます。

実機ならではの課題や現象を、机上で検証する事が可能なため、試作機の設計コストや納期を大幅に削減します。

 

パッシブおよびディスクリートから複雑なICおよび電気機械デバイスまで、パワエレ・電源システムの全領域をカバーします。

また、部品モデルはSaberのビヘイビアモデルとして30000点以上のライブラリを保有し

SPICEモデルの取込やVHDL-AMSの取込も実現可能です。

半導体スイッチング素子に関しては、パラメータをトレースし再現するキャラクタライズ機能もあり

SPICEモデルがない素子も再現をします。

 

MATLAB/Simulinkとの連成、JMAG-RTモデルの取込などの他社ツールとの連成を行う事で

お手元の資産を活かしつつ、より詳細なモデル構築も可能となっています。

 

 

特長②ロバスト設計

部品の製造精度などのバラつきを誤差率としてモデルに反映させてのロバスト設計が可能です。

また、パラメータスイープやモンテカルロ解析を実施したり、ワーストケースの抽出をするなど

実機に関わる設計品質を事前に検証し、高める事が出来ます。

試作後の再設計やデバッグの回数を減らすなど、後戻りをなくします。

 

 

特長③機能安全

GUI上で簡単に、部品へのオープン/ショートの故障注入やタイミングコントロール、

単故障から複数のコンポーネントの故障まで、様々な故障モードを注入する事が出来ます。

故障時の動作モードの解析から、安全装置を組み込んでの機能安全の実現までをカバーします。

故障の可能性がある安全性試験用の機体の製造数を減らし、また、実機では再現不可能な故障を机上で安全に実現します。

 

 

特長④モデルベース開発

自動車/航空機業界で広く利用をされているシミュレータです。

特に海外のOEM(完成車/機)メーカーに採用実績があり、基幹ツールとして運用されています。

業界で幅広く利用されている部品ライブラリを「モデル」として回路上で実現すると共に

開発した資産をOEMメーカー、あるいはTier1メーカー、部品メーカーと回路や機能ブロック、部品を「モデル」として融通をする

モデルベース開発を実現する事が可能なツールとなっています。

この製品の最新情報はこちら
新着情報

この製品に関する情報は準備中です。

役立つ知識や情報を更新中
パワエレコラム
興味を持った方は、
ご相談を!
  • お見積もり依頼
    各製品のお見積もり依頼は
    こちらです。
  • 資料ダウンロード
    各製品のカタログはこちらです

  • アフターサポート
    各製品のアフターサポート
    についてはこちらです。
  • お問い合わせ
    24時間365日受付
    約2営業日以内に返信します。
お電話でのお問い合わせはこちら 045-548-8836 営業時間/9:00~18:00(平日)