ホーム > パワエレ用開発ツール > パワエレ用開発ツールとは?

パワエレ用開発ツールとは?

パワーエレクトロニクスといえばMywayプラス。
多くの方から支持されている実績があります。

Mywayプラスの開発ツールには「インバータ」とインバータを駆動するための「制御システム(コントローラ)」があります。これらはパワーエレクトロニクスに関する実験ツールとして、大学の研究室や大手企業の研究開発部門などの多くの方々から支持されています。
開発ツールイメージ

インバータ(PE-Inverter)について

Mywayプラスのインバータは実験用に作られています。ゲートドライブ回路が搭載されているので、ゲート信号を入力するだけでインバータを駆動する事ができます。豊富なラインアップの中から入力電流、電圧、容量などに応じて使用用途に合わせたインバータをお選びください。


制御システム(PE-Expert4)について

インバータへのゲート信号を生成するのに適した制御システムとして開発されたPE-Expert4は、DSPを搭載。実験環境に合わせてラック内に構成する拡張ボードを変更するだけという使い易いシンプル構造が特徴です。システム全体の制御はPCにインストールした専用ソフトウェア統合開発環境PE-ViewXで行い、専用ライブラリを活用することで操作がより一層快適に行えます。

PE-Expert3構成例

ソフトウェア(統合開発環境PE-ViewX)について

PE-ViewXは、パワーエレクトロニクス制御のための開発環境として使用し、プロジェクト管理、制御プログラム開発、各種デバッグなどが行えます。

パワエレ専用ライブラリ(PEOS)について

PE-Expert4専用ライブラリは組込型リアルタイムアプリケーションの開発に最適なパワエレ専用ライブラリです。バックグランドモニタとして機能するカーネルと、パワーエレクトロニクス制御に必要とされる機能を最適化したライブラリから構成されています。

このページの先頭へ