ホーム > パワエレ用開発ツール > デジタル制御システム PE-Expert4 > 統合開発環境 PE-ViewX

統合開発環境
pCUBE

PE-Expert4のプログラム開発は、
統合開発環境「PE-ViewX」で行います。

「安全にパワエレ機器向け制御プログラム開発ができること」を目的とした統合開発環境PE-ViewXには、プロジェクトの管理、プログラムの開発、各種デバッグ機能など、プログラム開発に必要な機能を一元的に提供します。プロジェクトを構成するソースファイルに合わせて、コンパイル用のバッチファイルを自動生成し、パワエレ開発に特化した専用ライブラリと自動でリンク。これにより、ソースファイルの編集、コンパイル、プログラムのダウンロード、実行および効率的なデバッグまで、一連の作業を簡単操作できます。

リアルタイムなデバッグを実現。

JTAGを使用してのデバックでは、変数の変更時にDSPを一時停止しますが、本システムは専用のシステム設計により、DSP制御にかかる負担を限りなく小さくし、システム停止のないリアルタイムな変数変更を実現しました。また、オシロスコープのように内部変数を簡単操作で波形表示することができるので、変数の変更による波形の確認、調整などが簡単に行えます。

動画によるご紹介


①デモ環境について

②統合開発環境について

③デバッグ環境について


波形表示仕様

項目 PE-View9 PE-ViewX
チャンネル 8ch 16ch
サンプリング 20μs 16chモード:10μs
8chモード:5μs
変数表示 mainファイル内の
グローバル変数
全ての
グローバル変数


PE-ViewX 動作環境

項目 仕様
CPU 必須条件 コア数2以上
動作周波数2.0GHz以上
(Intel Core i3 第5世代相当以上 例:i3-5005U)
推奨条件 コア数2以上
動作周波数2.2GHz以上
(Intel Core i5 第5世代相当以上 例:i5-5200U)
メモリ容量 必須条件 4GB 以上
推奨条件 8GB 以上
インターフェース Gigabit Ethernetポート 1ch
USBポート 1ch
OS Windows®7(64bit/32bit)日/英、
Windows®10(64bit)日/英
解像度 1366 × 768ドット以上



再現性のある複数の計測データを統合することで、
「実験結果の傾向」を確認!

パワエレとITの融合により、制御システムは「計測」機能をプラス。新しいオプションボードと、統合開発環境PE-ViewXの進化で、制御に影響を与えない「電力演算」「温度計測」などの多彩な計測・表示機能(PE-Meter)を実現します。

主な特徴

  • 多彩な表示機能(パネル、リスト、グラフ)
  • 制御プログラムのグローバル変数を取り込み可能
  • 計測値、グローバル変数を使用した演算式を入力可能
  • 自由なウィンドウ配置(従来機能とのドッキングも可能)

動画によるご紹介







仕様(入力インターフェース)

項目 仕様 備考
入力ch数 電力計測 12ch (電圧、電流)×6セット
トルクセンサIF 2ch  
汎用AD入力 2ch  
入力レンジ 電力計測 -5V 〜 5V  
トルクセンサIF -5V 〜 5V または-10V 〜 10V 基板上のジャンパで切り替え
汎用AD入力 -5V 〜 5V  
周波数帯域 200kHz  
LPF(デジタル) 100Hz、500Hz、1kHz、5kHz、10kHz、50kHz、OFF  
ADCサンプリングレート 3MHz  
ADC分解能 14bit  
同時変換 全ch同時AD変換  

●弊社製インバータ、もしくは他社製センサの使用を前提とします。

仕様(電力演算)

項目 仕様 備考
確度 0.2% f.s. @25℃目標値。本体確度のみ。
正弦波、力率=1、50Hz
測定方式 ゼロクロス検出による周期検出  
データ更新レート 10ms  
基本波周波数 DC 0.1Hz~ 300Hz 300Hz以上は参考値
同期ソース いずれかのchの電圧、電流から選択  
測定項目 P、Q、S、φ、λ、Urms、Irms、Umn、Imn、Udc、Uac、Idc、Iac、f、pk、η、N、T  
高調波解析 最大次数 :30次  
アベレージング 10、20、50、100回  
結線方式 1P2W、1P3W、3P3W2M、3P3M3M、3P4W  

仕様(GUI)

項目 仕様 備考
GUI表示の更新 300ms 数値表示は、最新値を表示。グラフは10ms毎の値を表示
表示可能な(計測)値 ①予約項目
②登録済のグローバル変数
①、②を使用した任意式による演算結果
使用可能な演算:加算、減算、乗算、除算、正弦、余弦、正接
制御プログラムとの関連 ・制御プログラム停止時も計測可能
・制御プログラム動作時はグローバル変数を読み取り可能
 
データ保存/読み込み グラフウィンドウに表示したデータを保存
グラフウィンドウに保存データを表示可能
csv形式

オプションボード(製品イメージ)


製品別お問い合わせ
お見積りフォームへ



このページの先頭へ