ホーム > 受託開発 > インバータ評価装置

電気自動車向けソリューション
受託開発事例

インバータ評価装置

これまでに納品した受託開発事例です。

インバータ評価装置イメージ

インバータ評価装置は、インバータの動特性を試験するための装置です。

特長


インバータ性能評価の試験装置で、実運転状況に近いスイッチング動作を模擬できます。被試験体にPWM指令値の入力が可能であり、インバータ主回路やIPM、IGBTなどといったスイッチング素子の評価にも対応が可能です。大容量対応により過負荷試験などにも使用できます。


システム概要

メリット

  • 負荷条件や制御パラメータ(位相・周波数・他)を変更可能
  • 多彩な運転パターン試験PE-Expert3での制御プログラム記述が可能
  • インバータの制御開発に有効
  • コンバータ回生方式による小型で大電流を可能
  • 省エネ+省スペース

設定可能項目

  • 出力電圧
  • 出力周波数
  • 通電位相角
  • スイッチング周波数
  • デッドタイム

※設定可能項目についてはPWM入力指令を行う場合に限ります。
※仕様は一例となります。
ご要望(スペック、試験要項)に合わせたシステム設計が可能です。

参考仕様

項目 仕様 備考
装置入力容量 ±100kW/100kVA インバータ→負荷を正
入力電圧 ?700V  
最大電流 140Arms/3Φ時 200Apk
84Arms/5Φ時 120Apk
出力周波数 0Hz ? 1,500Hz 出力周波数が大きい場合には、
電流が正弦波になりません。
スイッチング周波数 20kHz  
デッドタイム 4.0usec  
受託開発 代表的なカスタム事例
次の情報:回生型交流電子負荷装置を見る>
このページの先頭へ